都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

特別区組織・定数分析(中)/児相関連、22区で増員

今年度、増員した区は18区に上り、全体の増加数も495人と、昨年度の80人を大幅に上回った。増要因で多くの区に共通するのが、待機児童対策への人員配置やポストの新設による組織強化だ。
 中央区は、保育士と調理士を計3人増員し、現場体制を強化したのに加え、福祉保健部に保育計画課を新設。これまで保育サービスに関わる業務を一手に担ってきた子育て支援課から、施設整備や保育計画作成部門を切り離した。同区職員課は「『子ども子育て支援計画事業計画』の見直し期間に入ったこともあり、多様化する保育ニーズに対応するため」と説明する。
 23区で待機児童数が最も多い世田谷区も、
  都政新報・電子版(
http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針