都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

杉並区/「区外特養」徐々に浸透/50人の入居枠に36人応募

  杉並区が来年3月のオープンを目指して静岡県南伊豆町に整備を進める特別養護老人ホーム(区民入居枠約50人)の希望者が10月末時点で36人となったことが分かった。区から約200キロ離れた遠隔地ということもあり、7月の募集開始から9月6日時点では応募が21人と低調な状態が続いていたが、運営法人による見学ツアーなどが奏功し、徐々に応募が増えているという。23区では高額な地価や大規模用地の不足などが特養整備の課題となっており、同区が進める「圏域外特養」の成否が他区に与える影響は大きい。
 「ずいぶん遠くまで来たわね」「懐かしい風景だわ」─南伊豆町で建設が進む特養ホーム「エクレシア南伊豆」の現地見学ツアーに参加した区民が談笑する。ツアーは運営法人の「梓友会」が主催。10月27~28日の1泊2日で行われ、入居を検討する区民や家族ら22人が参加した。
 都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針