都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

追跡/知事との距離縮まらず/公明党のスタンス/自民とは関係雪解けも

 小池氏の国政政党旗揚げを機に、知事とは距離を置き、是々非々の立場を取る都議会公明党。一方、同党の国会議員が知事と引き続き協力する考えを示すなど、都庁内からは公明党のスタンスが見えにくくなっているとの指摘がある。公明は自民党と話し合いを進めており、今後は市場問題や入札制度改革などで知事への追及が一層強まることも想定される。
 11月24日の東京五輪に関する都議会特別委員会。公明党の谷村孝彦氏は当初、穏やかな口調で話していたが、次第に厳しい追及に転じた。体操や新体操などの会場である仮設施設「有明体操競技場」の整備費を巡り、都側のこれまでの説明内容と事実が異なり、都の負担が増えることを明らかにしたからだ。 
 都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針