都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

2年遅れの移転~築地から豊洲へ 山積する課題(1)/環状2号線/「地上部道路」に課題山積

  106億6100万円─。これは、都建設局が昨年末、築地市場内での環状2号線の用地取得費として財務局に要求した額だ。環2の用地は年度ごとに分割購入しており、取得総額は2019年度に確定するが、移転延期前よりも高額になる見通しだ。
 環2は移転延期前の計画では、築地大橋付近で地下トンネルから地上部に出る工事を東京五輪前に完了させる予定だった。しかし、小池知事は延期後の16年11月の記者会見で、五輪までの地下トンネルの完成を断念し、築地市場の青果門付近と築地大橋を結ぶ「地上部道路」を五輪までに整備すると表明した。
 地上部道路は、豊洲移転後に築地市場の建物の一部を半年かけて解体してから着工する。だが、築地にはアスベストを使用している施設も残るため、外部への飛散防止を行う対策を施しながら解体工事を進めることになり、図面では把握しきれていないアスベストも否定できないため、完成時期がずれ込む不安材料となっている。
 都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針