都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

東京最前線/どうなる2018年の都政/円滑な市場移転が課題

  2018年がスタートした。今年、都政では豊洲市場が開場する。移転反対派もおり、円滑に移転できるかが課題。また、2月には韓国・平昌五輪が開幕し、オリンピックイヤーとなるが、東京大会まで2年半となる中、更なる大会経費の削減が求められている。山積している課題をどう解決するか小池知事の手腕が問われている。
■市場
 10月11日の豊洲市場開場まで残り9カ月を切ったが、積み残された課題は多い。一つが市場内に整備する千客万来施設だ。
 江東区が市場を受け入れる条件に掲げた同施設の整備だが、小池知事が築地再開発の考え方として
 都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針