都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

都教育庁/在校週60時間以内へ/全教員、働き方プランで目標

 都教育庁は8日、公立学校教員の働き方改革推進プランを策定し、全教員の週当たり在校時間を60時間以内とする目標を掲げた。目標の達成時期は示していない。同庁が同日に公表した教員の勤務実態調査結果(確定値)では、中学校教員の約7割が、週の在校時間が60時間以上であることが判明。同庁は週60時間をいわゆる「過労死ライン」とされる残業時間月80時間と換算しており、教員の長時間労働の縮減に本腰を入れる。 
 
都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針