都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

町田市長・石阪丈一氏に聞く/全ての面で「同業他社」以上を

 2月25日に投開票が行われた町田市長選挙は、多摩都市モノレールの延伸など、都市開発を掲げた現職の石阪丈一氏(70)が次点以下に大差をつけて4選を果たした。一方で投票率は同市長選では過去2番目に低く、半数近くが他候補に流れるなど、反対票も少なくない。今後の市政運営を、4期目に入る石阪氏に聞いた。
 ─圧勝とは言え、前回選挙に続き低投票率でした。
 この4年間、市政を巡って意見が二分されるような議論があまりなかったので、注目度が低くなったのだと思う。例えば、老朽化した清掃工場の建て替えを各市で行っており、小金井・日野・国分寺の共同清掃工場の話はよく報道されて議論になったが、町田の清掃工場の話題は10年近く市民と議論してきたにもかかわらず、昨年に着工するまで一度も報道されなかった。 
  都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針