都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

都政の潮流/彼女が厚底ブーツを脱ぐとき/~恐怖と諦観の人事騒動~

 4月の幹部異動から2週間、そろそろ引き継ぎを終え、歓送迎会もピークを迎えている頃である。庁内では至る所で、声を潜めて不平不満をささやき合い、出所不明のうわさを確認し合う管理職の姿が見られる。だが、残念なことに、管理職自らが正面切って今回の人事異動の異常さを訴えたケースをいまだ知らない。この都政新報においても誰かが勇気を持ってきっと投稿してくれるものと思っていたが、甚だ弱腰に終わっている。みな一様に、何か得体の知れない怪物におびえているかのようである。
恐怖と諦めとためらいと
 大きな声が上がらない理由は、いくつか考えられる。一つは恐怖。今回、あからさまな報復人事があった。報復といえないまでも、体よく外にはじき出されたり、意中の人物を無理やりはめ込むために横にずらし飛ばされた事例も少なからずあった。これでは、いつ何時、我が身に災難が襲ってくるのか、管理職たちは恐怖に身を縮め、声を発することができない。
 
 都政新報・電子版(
http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針