都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

東京最前線/上西充子・法政大教授に聞く/政府の「すれ違い答弁」可視化/国会PV 審議の実態、街頭で訴え

 政府の働き方改革関連法案に関する審議で注目を集めている「国会パブリックビューイング(PV)」。政府が野党の質問に正面から答えず、論点をずらした答弁を繰り返す中、国民に審議の実態を伝えるのが目的だ。「仕掛け人」の上西充子法政大学教授に意図や今後の展開などを聞いた。

 ─国会PVが注目を集めています。取り組みを始めたきっかけは。
 働き方改革を巡る国会審議の「すれ違い」のひどさを可視化して、何とか分かってほしかった。
 都政新報・電子版(
http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。



会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針