都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

被災地派遣~都職員が見た西日本豪雨(上)/都水道局/水質検査で早期復旧に貢

 広島県や岡山県など中国地方を中心に甚大な被害をもたらした7月の西日本豪雨。都からは3日現在で延べ665人の職員を被災地支援で派遣し、現在でも154人が各現場で奮闘中だ。現地では単なるマンパワーとしてだけでなく、都の職員が持つ技術やノウハウなどへの期待も高く、被災地支援での都の存在感は高まっている。
 ひっくり返った車、柱だけ残った家─。「がれきの山が至るところにあった」。そう振り返るのは、派遣職員の中でリーダーを務めた吉澤健一多摩水道改革推進本部水質管理担当課長。現地に入った瞬間から景色がガラリと変わり、「別世界のようだった」という。
 都政新報・電子版(
http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針