都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

都福祉保健局/大規模団地に認知症支援拠点/「重症化予防で早期対応を」/板橋・高島平の実例踏まえ

 認知症の初期段階から支援できる地域づくりを推進するため、都福祉保健局は今年度、大規模団地などに支援拠点を開設する取り組みを始める。板橋区の高島平団地で行ったモデル事業では、認知症の症状が表れ始めることで生活支援を得にくくなる実態が判明しており、同局は都内の大規模団地に認知症の高齢者をサポートできる拠点を開設することで高齢者の生活支援につなげたい考えだ。
 同局は都営住宅など大規模団地に支援拠点を開設し、担い手の育成や活動支援、医師・保健師・心理士などの多職種が協力して認知症の高齢者を支援する考え。区市町村に経費の全額を補助する。区市町村へのアドバイザー派遣や支援手法の開発にも取り組む。
都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針