都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

小池知事新春インタビュー/稼ぐ力伸ばす東京に/来年度予算「気候変動対策」も柱に

 都の来年度予算編成作業が本格化している。開催直前となる東京五輪の準備に加え、団塊の世代が後期高齢者に達する「2025年問題」など五輪後の都政課題への対応も本格化する。一方で、小池知事の1期目の任期も残り1年半となり、公約達成に向けた取り組みも加速することになる。予算編成や2020年度以降の都政課題などについて、小池知事に聞いた。

 ─来年度予算で強調したい部分は。
 2020(東京)大会も推進力にして、成長を生み続けられ、未来に通じるような道筋を力強く歩む予算と位置付けている。世界が激動する中、産業も大きく変わり、金融もかなり不安定な部分がある。世界の中の日本、その中の首都・東京も、不透明なところがあると思う。また、東京は昨年暮れの税制見直しによって、(20年度以降の)財政が著しく毀(き)損(そん)する中、(地方との)共存共栄という観点は必要だが、やはり東京は稼ぎ続けなければいけない。稼げる東京、稼ぐ力を伸ばす東京という見方からも予算編成を行っていく。 
  ◆都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針