都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

都医療安全推進協議会/事故調査制度の改善提言/広尾病院医療過誤から20年 遺族が初出席

   都立広尾病院で1999年2月に起きた医療事故の遺族が4日、「医療安全推進協議会」(会長=矢野真・日本赤十字社医療事業推進本部総括副本部長)に出席し、医療法で定める「医療事故調査制度」の徹底に向けて、医療機関が集中する都が主導的な役割を果たすよう訴えた。遺族が都の公的な会議に出席するのは初めてで、事故から20年の節目を迎え、都福祉保健局は「意見を踏まえ、医療安全に向けた指導を更に徹底していきたい」と話している。 
都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針