都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

星野悠樹弁護士に聞く/「勘違い生む状況、回避を」

  被害が表面化しづらいと言われるセクハラだが、(被害者・加害者として)誰でも巻き込まれかねない問題でもある。官公庁でハラスメント対策に関わってきた星野悠樹弁護士に傾向と対策を聞いた。
     ◇
 ─公務職場内でのセクハラで代表的なケースは。
 歓送迎会などでのお酒が入ったトラブルが多い。具体的には、男性上司が部下の女性に対し、「色っぽい」「子どもを生んでほしい」などと繰り返したり、肩を触るケースなどだ。
 ◆都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針