都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

変革の時~パートナーシップ制度開始5年(中)/生活上の障壁/制度導入進むも理解に壁

  パートナーシップ制度を導入する自治体が増えたことが、性的マイノリティーに対する理解を広める一助になったのは確かだが、同性カップルや性的マイノリティーはいまだ大きな壁にぶつかることが多い。

 同性カップルが生活する上で大きな課題になるのが、住宅の契約と医療機関にかかった時だ。賃貸契約を結ぶ時には、「関係が不安定で、すぐに退去するのでは」「何か問題を起こすのではないか」といった漠然とした不安から契約を断られることがある。また医療機関では、入院した際に親族ではないとみなされて付き添いを断られたり、治療に関する説明を聞くことや同意ができないことが多い。 
 
都政新報・電子版(
http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針